個人輸入代行のルール

 cure

バリフ通販のように、海外から薬を輸入して購入することを「個人輸入」と言います。
本当に個人で海外サイトとやりとりをする場合「個人輸入」ですが、バリフ通販の場合は海外サイトと個人の間に、日本の輸入代行業者が入っているので、正しくは「個人輸入代行」ですね。
個人輸入をする場合、本来なら複雑な書類などを提出しなければならず、面倒な手続きが多いんですが、
バリフ通販のような個人輸入代行であればそういった一切の手続きを業者が代わりに行ってくれるので非常に便利です。
個人輸入の場合、当然やり取りも英語になります。
相当英語が達者な人でなければまず個人でやり取りをするのは難しいでしょう。
個人輸入代行なら日本の通販とほとんど変わらないので安心です。
ただ、個人輸入代行にはいくつかルールがあります。
個人輸入代行はあくまで「個人」との取引であることに変わりはないので、
届け先も企業名などではなく個人名である必要があります。
さらに、個人輸入代行では一度にまとめて購入できる薬の量が制限されています。
バリフの場合は用法用量を正しく守った場合の2ヶ月分までです。
バリフなどのED治療薬は必要な時だけ服用すれば良く、毎日服用する必要はないので2ヵ月分も購入できれば十分だとは思います。
バリフ通販サイトの中にはまとめ買いをするとポイントが溜まったり、割引があったりと、お得になるサービスを行っているサイトもありますが、だからといって友達の分までまとめて購入することはできません。
それは例え2ヶ月分以内の量であっても同じことです。
何故なら、個人輸入代行の場合はあくまで購入者「個人」が使用する前提で認められているので、
第三者への譲渡は禁止されているからです。